風俗デリヘルとBar&Restaurant情報「バー&レストランガイド」


  

  • Bar&Restaurantガイドでは、こだわりの料理を提供していたり、落ち着いた雰囲気でのおもてなしの空間が用意されていたり、個室や仕切り席といったプライベート空間が確保されていたり、隠れ家のような趣があったり、珍しいお酒やオリジナルドリンクにこだわっていたりする、スペシャリティが感じられるレストラン・居酒屋・ダイニングバー・カフェ等の飲食店を紹介しています。ゆっくりとお料理やお酒、雰囲気の楽しめるお店ばかりです。
    Prezentacija Bara

  

  • 都会の中心赤坂で沖縄の香りが漂う創作料理と泡盛を楽しめる店
    多種多様のフラワーアートと泡盛等の酒瓶がエントランスの独特の沖縄的な雰囲気を醸し出しているお店。
    店内に入るとすぐに目に入るのはセラーと高級クラブ調のバーカウンター。セラーには130種類以上の泡盛が並んでいる。ここまで沖縄泡盛が充実しているお店は珍しいだろう。
    面白いのはシェフはイタリアン出身なのだ。食べやすくアレンジされたイタリアンと沖縄の創作料理は味だけでなく盛り付けも楽しめる作品だ。枝豆豆腐とクリームチーズの創作料理等の人気メニュー目当ての女性客が多いのが特徴だ。
    店内の内装は黄色と白と黒を基調にした未来的デザインだが、装飾品で沖縄感が融合されている不思議な空間が楽しめる。

  

  • 階段を降り、こじんまりとした店内に入って行く。メインフロアを取り巻くように設置されている半個室がぼんやりとだいだい色の光に浮かびあがっている。テーブルにひじをつき、何か考え事をしていた彼女は、私に気付き焼酎のグラスを掲げて軽く笑ってみせた。「遅いから先にやらせてもらっていたわ」「相変らずだね」「私は時間には厳しいのよ」私は苦笑しながら席に着いた。このところ仕事に忙殺されている私は、彼女とこうして会うのも2ケ月ぶりだった。都内にあるこの店は彼女のお気に入りのひとつで、大好きな焼酎も手頃な価格で堪能でき、新鮮な刺身や凝った料理も手頃な価格で楽しめるので、私も一度訪れてからはすっかり気に入ってしまった。
    私は料理と焼酎を注文してからわかりきったことを彼女に聞いた。彼女は黙ってテーブルの上の封筒を目で示した。
    学生時代、私たち3人はよく天文観測に出かけた。私は事前に星の見える場所を探す係、彼女は段取りを整える係、そしてあいつは夜空に魅せられるあまり、ついには星空を仕事にしてしまった。あいつさえいれば、曇ったり雨が降ったりして星が見えない、なんてことがなかった。星もあいつを愛していたに違いない。
    あれから十数年、私たちはどうにかこうにか生きている。夜空を見上げる機会もめっきり減ってしまったが、あいつだけは今もあの満天の星空に囲まれた世界に生きていて、周期的に彼女に天体写真を送ってよこし、あの頃の思い出を引き継いでくれている。
    息をひそめて封筒を開け、星空の写真をテーブルにそっと並べる。流星群の写真は連続写真だった。活きのいい刺身の潮の香りが、上品な焼酎と絶妙なバランスを作り、至福の時間を与えてくれた。
    彼女はというと、少し酔って眠そうにしながら焼酎を口にし、天体写真を1枚じっと見つめていた。テーブルの上には夜空が再現され、脳裏にはいくつかの流星が光の筋を残していった。
    宵の隠れ家で上質な料理と空間に囲まれる、私たちは優しい思い出に包まれていた。

  

  • 築地の細い路地に面して立つ、通る人の目を奪う見事な2階建て木造建築。この築80年の私邸が、高級レストランとして生まれ変わった。柱や天井はもちろん、ドアノブやガラス窓に至るまで、当時の姿をそのまま活かした昔懐かしい空間で、2階には座敷タイプの個室もあって落ち着いて味わえる。こちらで頂くのは、極上の鹿児島県産の黒毛和牛と築地で仕入れた新鮮な海の幸の鉄板焼き。フレンチのアレンジを加えて、洗練された前菜やアミューズも自慢。映画監督の故 黒澤明氏の食事の再現をコンセプトにした店内には、撮影時の監督を撮ったスチール写真も飾られていて、それを見て回るのも楽しみのひとつだ。
    入口に向かい階段を一段づつ降りる毎に、渋谷の喧噪が嘘の様に思えてくる静謐な空間。「おいでやす」とスタッフが迎えてくれるこちらのお店には、石畳の通路、カウンター席の滝、各部屋に飾られた茶花など、京都の町を思い起こさせる店構えだ。個室は全部で15室あり、カップルから大人数のグループまで、シーンに合わせて使う事が出来る。料理は創作和食で、漬物や生麩など京都直送の食材が中心だが、北海道の最高級大豆トヨマサリを使い豆乳から作った豆冨も人気だ。この豆乳はコロッケやグラタンにも使われている。締めには、注文を受けてから炊き上げる土鍋ご飯を是非試してほしい。

  

  • スノッブな店が並ぶ白金のプラチナ通りに程近い、築80年の古民家を改築した京料理の店がここ。ガラス張りの離れや純和風の個室など、当時の雰囲気を偲ばせる昭和初期の内装が活かされている。京都で修行した板長が作る50品を超えるアラカルトと、その日に仕入れた食材を使う日替わりメニュー等内容は多彩。なかでも、しょう油を使わず大豆だけで煮る京角煮は、上品な味わいが印象的だ。料理の要となる野菜は毎日京都より送られ、四季折々の自然の恵みを楽しむ事ができる。湯葉を練り込んだ、かけ京ゆば麺うどんを味わったあとは、桜アイス等のデザートで締めて欲しい。店を出たら次は夜の遊びはデリヘルに限る。最近人気の風俗スポットに繰り出そう。失敗しないお店選びは確かな情報収集ができれば安心だ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ